フォーム作成サービスを使うメリットとサービス比較5選

Web

2021.09.18

フォームは、インターネットを介して登録、問い合わせ、アンケート等々を行えるプログラムです。今やWebサイト、アプリなどでは欠かせないものですね。
フォームを作成するには本来プログラムの知識やスキルが必要ですが、この記事では、専門的な知識なしで簡単に利用できるフォームのサービス・ツールをご紹介します。

フォームを作成するには、以下の方法があります。

  1. システム会社や制作会社に頼んで作ってもらう
  2. 外部のフォーム作成サービスを利用する
  3. CMSを利用しプラグインや付加機能で対応する
  4. MAやCRMなどのツールの付加機能を利用する

3や4のCMS、MA・CRMなどのツールは利用/運用している目的が「フォームを作ること」ではないはずなので、自社がそれらを検討している、既に使っている場合は付随している機能として活用するとよいと思いますが、そうでない場合はいちからオーダーメイドで作るか外部のフォーム作成サービスを利用するかになります。

フォーム作成サービスとは

フォーム作成サービスとは、自社のWebサイトに設置するフォームを外部サービスのWebサイト上で作成、管理できるサービスです。
作成できるフォームは、アンケート、問い合わせ、イベント受付、予約、注文など用途に合わせた様々な種類があり、サービス会社・プランによってどんなフォームを作成できるかは異なります。

またフォームの作成のみならず、集計から分析、データの管理、他サービスと連携、Eメールを備えたものまで、付加される機能もサービスによって様々です。
サービスを選ぶ前に、どのような機能が必要なのか、求めているサービスは何かをしっかり検討しておくことが大事です。

外部のフォーム作成サービスを利用するメリット

外部サービスを利用する場合は、以下のようなメリットがあります。

  • 手軽に設置でき、短期間で作成可能
  • 多数のフォームを作成したい場合には工数やコスト面で有利
  • Web上で利用できるため複数人での管理も簡単
  • フォームと他ツールを連携できる場合は自動化により業務効率化を図れる

CMS、MA、CRMなどのツールを既に使用していないのであれば、「たくさんフォームを作成したい」「自分たちで短期間で作成したい」ときは外部サービスの利用をお勧めします。

フォーム作成サービス5選

※この記事で紹介しているサービス内容は記事執筆時点のものです。最新情報は各サービスサイトをご確認ください。

formrun

https://form.run/

価格:FREE 無料、BEGINNER 月額5,980円、STARTER 月額12,980円、PROFESSIONAL 月額25,800円(すべて税別)

  • メール、Slack、Chatworkなど通知機能が充実
  • SalesforceやPardotとの連携可能

フォームメーラー

http://www.form-mailer.jp/

価格:Free 無料、Pro 月額1,375円、Business タイプA:6,875円/タイプB:13,750円/タイプC:27,500円(3ヶ月)(税込)

  • 有料プランではフォームだけでなくランディングページも作成可能

Tayori

https://tayori.com/

価格:フリープラン 無料、スタータープラン 月額3,400円、プロフェッショナルプラン 月額7,400円(すべて税別)

  • FAQやチャット機能あり
  • 見やすくシンプルな操作性

MovableType.netフォーム

https://movabletype.net/form/

価格:フリープラン 無料、スタンダード 年額27,500円(2,292円 ⁄ 月)、プロ 年額49,500円(4,125円 ⁄ 月)、アドバンス100 年額99,000円(8,250円 ⁄ 月)

  • 埋め込みしたiframe内のアクションを計測可能
  • 多言語対応
  • kintoneとの連携可能

Googleフォーム

https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

価格:無料

  • Googleアカウントがあればすぐに手軽に作成できる
  • 回答はリアルタイムで更新、自動的に集計されグラフで可視化される

フォームサービス比較表

まとめ

無料で利用できるプランはサービスのロゴが表示されることが多いので、企業向きではないかもしれませんが、まずはトライアルプランや無料プランで何ができるか試してみてはいかがでしょうか。いろいろ触っていくうちに、「ここはこうしたい」「これができないと困る」という要望が明確になっていくと思います。

セキュリティ面については、自社で持つサーバのセキュリティと比べてサービス会社のセキュリティが劣るとは限りません。各社安全性を確保しているはずですが、念のため求めるセキュリティ要件を満たしているかどうかを事前に確認すると良いでしょう。

また、フォームは顧客情報と連携できる方がベターな場合が多いので、これを気にCRMやMAを検討するというのもひとつの手です。
弊社ではデジタルマーケティングの導入・活用支援もお手伝い可能ですので、お気軽にご相談ください!

お気軽にお問い合わせください。

CONTACT